効果的にスキルアップをするために

看護師として人々の役に立ちたい、医療の発展に力を尽くしたい、そう願ってスキルアップに力を注ぐ人は多いです。ただこの時に大切なのは自主的な勉強もそうですが、職場の選び方が大きな差につながっていきます。看護師として働く場合、多くは病院を選びますが受け入れ患者の違いによって慢性期病院と急性期病院の二種類に分かれているのです。

慢性期病院は主に症状が安定しても退院できない患者を受け入れる施設で、基本的な仕事内容はルーティーンとなりスキルアップの期待はできませんが、残業が少なく患者の一人一人に寄り添った看護が可能になります。対して急性期病院の場合は緊急を要する急病人や怪我人、持病が悪化した人が搬送される場所です。こちらのメリットはさまざまな症例に関われるところで、働いているだけでスキルアップにつながるでしょう。しかし、常に忙しく、心身のどちらも消耗していき、ほぼ毎日のように残業があり、定期的に夜勤もしなければいけません。

かなり大変なものですが、看護技術の向上を考えるにはおすすめの職場となり、毎日の仕事をこなしているだけでスキルアップが可能です。また数多くの症例を見る、間近で対応することができるので勉強にもなります。看護師として医療に先端医療に関わりたい場合はおすすめの職場になりますが、心身の負担が大きいのも覚悟しなければいけません。自分の目的が看護技術の向上なら、急性期病院を選ぶと将来に役立ちます。